サラ金の金利のからくり

サラ金でお金を借りる場合、最近ではカードローンに申し込みをすることが多くなっています。このカードローン、支払うことになる利息を計算するための金利には、幅があるのはご存知でしょうか。

多くのケースで4.8%~17.8%など金利の表示は幅があります。この見方が分からない方の場合、もしかしたら4.8%の金利で借りることが出来るのかな?と思うかもしれませんが、多くの場合は17.8%という金利が適用になります。サラ金のカードローンの場合、貸付極度額というものがあります。300万円や500万円、800万円といった数字が広告などに記載されていますが、これが利用者が最大限借りることが出来る金額ですが、申し込みをして審査に通過したからといって、この金額の融資を受けることが出来るわけではありません。

多くの場合は10万円~30万円ほどの金額が上限金額となります。借りることが出来る上限金額が100万円以下の場合、多くのケースで記載されている金利の最も高い金利が適用になり、逆に極度額に近い融資を受けることが出来る場合に、最も低い金利が適用になります。その間段階的に金利が変わります。融資が継続的に行われ、しっかりと返済をすることが出来れば徐々に上限金額が上がり、金利も低くなっていきます。

ただ、年収の三分の一までが上限となりますので、最も低い金利が適用になることはほとんどのケースでありません。